ボルトとナットの組み合わせについて|材質の特徴と発注方法

ウーマン

ステンレスの耐食性

男性作業員

ボルトとナットの組み合わせを考える時には、使用する環境についても考慮する必要があります。使用する環境が屋外等の雨風に曝される厳しい環境であるならば、ステンレス製のボルト・ナットの組み合わせが最適です。

もっと読む

キャップボルトについて

ボルト

ボルトとナットには様々な種類がありますが、その中の一つとしてキャップボルトと呼ばれるものが多くの企業の間で注目されています。キャップボルトは装置のコンパクト化を実現することのできるネジ規格で、画期的な開発だと言われているのです。

もっと読む

締付力の高いネジ規格

ねじ

工事現場や機械の組み立て、その他諸々の様々な製品などにはネジが使用されています。一概にネジといってもその種類は多岐に渡り、大きく分けると小ネジとボルト・ナットといったように分類することが可能です。多くの人の中には、小ネジとボルトの違いについて明確に説明することができないかと思います。小ネジというのは単体でも使用することのできるネジ規格のことを指し、ボルトはナットと組み合わせて使用するねじ規格のことを指します。ここでは、ボルトについて詳しく知っていきましょう。
ボルトは、ナットと組み合わせて使用することで高い締付力を実現したネジ規格です。そのため、二つの部品間の締結において高い締付力が必要となる工事現場や機械の生産等で多く使用されています。また、一般的なボルトは頭部形状が六角で、ソケットレンチを利用して締付作業が行われます。次に、ボルトとナットの組み合わせについてです。それらの組み合わせというのは、何も考えずに組み合わせてはいけません。基本的な組み合わせとして挙げられているのは、双方同質のものを組み合わせるといったものになります。材質が同じであれば、お互いに負荷を掛けることなく高い締付力を保つことができるのです。また、ボルトとナットにはそれぞれ強度があり、その強度にも注目して組み合わせを考える必要があります。強度で組み合わせを考える時には、どれだけの強度が必要になるかといった点が重要になります。例えば、ボルトの強度が低く、必要強度に届かない、といった場合に強度の高いナットと組み合わせることで足りない強度を補うことができるのです。

ネジ販売専門業者の選び方

作業員

ネジ販売専門業者というのは、ボルトやナットといったネジ規格を必要とする事業者にそういった商品を販売している業者です。事業者がネジ規格の発注を行う際には、そのニーズに応えることのできる業者を選ぶことが大切になります。

もっと読む