ボルトとナットの組み合わせについて|材質の特徴と発注方法

ボルト

キャップボルトについて

ボルト

機械の開発・生産を行っている企業や工事事業を行っている企業において、ボルトやナットといったネジ規格は必要不可欠な存在でしょう。また、それらは消耗品のため生産ラインを途切れさせないよう発注し続ける必要があります。機械の開発・生産を行っている企業において、新製品の開発を行う時にはその新製品に使用するネジ規格について検討されるかと思います。そういった検討を行っている企業にお勧めするネジ規格として、キャップボルトと呼ばれるネジ規格があるのです。
キャップボルトというのは技術集約型ボルトと呼ばれるほど画期的なネジ規格で、一般的なボルトと同様にナットと組わせて使用されます。このネジ規格の特徴としては、頭部形状が六角ではなく六角穴である、といった点にあるでしょう。頭部形状が異なってくると、締付作業で使用される工具も変わっていきます。一般的な頭部形状である六角の場合、ソケットレンチが用いられますが、六角穴であれば六角レンチが使用されるのです。それにより得られるメリットというのは、非常に大きなものとなります。六角レンチでの締付作業というのは、ソケットレンチの締付作業と異なりボルトの周囲にスペースがある必要がありません。そのため、ボルト間のスペースをギリギリまで狭めることができるのです。そうなることで、製品のコンパクト化を実現することもできるでしょう。頭部部分自体を穴の奥に収めることも可能なので、デザイン性も向上させることもできます。この時、ナットとの組み合わせは基本的な組み合わせ方に基づいて考えていくと良いでしょう。最適なナットと組み合わせることができれば、キャップボルトであっても高い締付力を保つことができるのです。